· 

雑記

先日義父を見送って、

死を自分事として感じました。

自分の母親は10年前、父は35年前。

あの時、悲しみはあれど、

自分の死に方までは考えませんでした。

 

札幌に住み続けることにより、

のちのち家族が抱えるリスクは回避しておかねば。

 

いずれ"そのこと"は判断しようなどと悠長に構えていると

いつの間にか"そのこと"を判断できなくなっているのが、

老い、なのでしょう。

2,3年後をめどに京都に移るつもりです。

 

 

中学生の頃、石森章太郎が「COM」に連載していた

「ジュン」の中に、

「死-直前の幻視」という章がありました。

深々と家々に降り積もる夜の雪のイラストが記憶の中にあります。

 

自分は"その時"、

どんな光景を思い浮かべるのか。